fireworks(ファイヤーワークス)の基礎を身につけよう

fireworks(ファイヤーワークス)の起動

 fireworks(ファイヤーワークス)を起動するには、@左図のようなデスクトップ上のアイコンをクリックする方法の他に、A「スタート」⇒「すべてのプログラム」⇒「macromedia」⇒「ファイヤーワークス」と選択することにより可能である。他にも方法はあるが、まずはこの2つだけを覚えておけばよいだろう。

 

画像の作成

 fireworks(ファイヤーワークス)を起動したら、「ファイル」⇒「新規作成」をクリックし、作成する画像のサイズやカラーを決める。ただし、ここで入力した値は後で変更可能であるため、およそのサイズを入れるだけでもよい。OKを押すと、画像編集画面にうつることになる。

画像の保存と書き出し

 「ファイル」⇒「名前をつけて保存」で画像を保存することができる。ファイヤーワークスで作成する画像ファイルの拡張子は「.png」で保存する。さらに、WEB上に画像をアップする際は、当サイトでは「.jpg」にするために、「ファイル」⇒「書き出し」で書き出し作業を行う。

 例)保存と書き出しを行うことで、sample.pngとsample.jpgの2ファイルが作成される。

 編集するファイルの拡張子はpng、WEB上にアップするファイルの拡張子は.jpgと覚えよう。

 保存と書き出しは頻繁に行うため、ショートカットを覚えたほうが楽である。記載しておくと、「ファイル」⇒「名前をつけて保存」が「CTRLキー」+「S」「ファイル」⇒「書き出し」が「CTRLキー」+「SHIFTキー」+「R」である。

fireworks(ファイヤーワークス)の終了

エクセルやワードと同様、「ファイル」⇒「終了」または、右上の×ボタンをクリックすれば終了することができる。その際、編集中で保存していないファイルがあった場合は、保存をするか否か聞かれるので、そこで必要なファイルだけ保存すればよいということになる。

Amazon、楽天市場でfireworksを買うならクレジットカードで

fireworks(ファイヤーワークス)を買う際に、カカクコムで比較をされて購入される方も多いと思いますが、いつも回慣れているAmazonや楽天市場で購入したいという方もいらっしゃるかと思います。そのような方は、Amazonや楽天市場でポイントが倍増するクレジットカードを利用して、少しでも安くfireworksを購入しましょう。参考⇒還元率が高いクレジットカードおすすめ一覧